もうアクションを起こしている高校生もいる!

関西を中心に活動する高校生団体登場!


かっこいい防災を提案

D.D for Japan

堅いイメージの防災を楽しいものに変えて、生活に根付かせる!

呉同國くん
呉同國くん

みなさん、こんにちは。呉同國と申します。大阪城の横の追手門学院大手前高校2年生です。(※学年は取材時)

 

みなさんは、防災についてはどんなイメージを持っていますか。僕たちのミッションは、堅いイメージの防災を、もっとおもしろいもの、楽しいもの、おしゃれなものというイメージに変えて、実際の生活に常識として根付かることです。大阪では防災で中心的な役割を担っているのは高齢の方々ばかり。楽しいことをして、中高生を防災に巻き込む仕組みづくりが必要だと考えました。

 

そこで、中高生向けに、防災セミナーや防災イベントなどを行っています。防災授業のカリキュラムを作ったりしています。
(※写真は、女子高での防災授業の様子。130人参加)

小中高生向けには任意の民間資格をつくり、防災を楽しく考えてもらうようにしています。
(※写真は、民間資格DDマスター養成講座の様子)

大阪府にも協力。NPO法人化をめざす

また、メンバーのうちの2人が応急手当普及員という資格を持っているため、大阪府の都市整備部からの依頼で「水都大阪フェス」(@中之島)というイベントや、大阪府消防局の秋の火災予防運動のイベント(@天王寺公園)で、心肺蘇生法のインストラクターとして協力したりしています。

D.D for Japanは、2013年4月に3人で活動を始め、現在は15人ほどメンバーがいます。大阪には防災教育を行う民間事業者がほぼありません。この活動を高校生の間だけのものにせず、今後NPO法人にして収益化し継続可能な団体にする予定です。

 

若者を巻き込みたい

呉同國くんにQQ

●設立のきっかけは、東日本大震災ですか?

それもありますが、2012年の宇治市(京都府)での集中豪雨のとき、現場に行って感じた「起きてからでは遅い、起こる前に防がなくては」という思いです。災害時に動けるのは若者なので、若者を巻き込みたい。だから、楽しいことをして巻き込もうと思っています。

●この活動で呉君は変わりましたか?

より多くの人とつながり、より多くの価値観に出会うことで、広い視野で物事や人生を見られるようになりました。

●高校生が取り組む難しさはありますか?

社会的立場の弱さを感じることもあります。でも、高校生だからこそ誰でも話を聞いてくれます。受講者からよい評価をもらえると、次もがんばろうという気持ちになれます。

D.D for Japan
http://ameblo.jp/dd-for-japan/

わくわくキャッチ!
今こそ学問の話をしよう
河合塾
ポスト3.11 変わる学問
キミのミライ発見
わかる!学問 環境・バイオの最前線
学問前線
学問の達人
14歳と17歳のガイド
社会人基礎力 育成の手引き
社会人基礎力の育成と評価